平成30年(2018)キッズスクール・ジュニアトライアスロンスクール生募集

平成30年(2018)キッズスクール・ジュニアトライアスロンスクール生募集

オバラメソッドで身体能力アップ!!

【2018年キッズ・ジュニアトライアスロンスクール生募集!!

皆生スポーツアカデミートライアスロンスクールでは新年度からトライアスロン
に挑戦されてみたい小学生・中高生(ジュニア)のスクール生募集をスタートしました!

子どもたちのスクールですので水泳のクロールで25m以上泳ぐことができれば
どなたでもご参加いただけます
3種目(スイム・バイク・ラン)以外の練習も取り入れ、
年代に応じた段階的な練習法を取り入れ強いカラダ
作りを目指します。

◎随時無料スクール体験を行っています
担当者携帯
090-9501-0091(オバラ) までお問合せください

 



☆皆生スポーツアカデミー理念:≪子どもたちの輝ける未来の創造≫


~努力の力は無限・子どもたちの無限の可能性を引き出す~

チームエフォーツはNPO法人皆生スポーツアカデミーが運営しているトライアスロンチームです。
小学生対象のキッズトライアスロンスクール、中高生対象のジュニアトライアスロンアカデミー
を毎週開催しています。


キッズスクールは体を動かすことを楽しみ、仲間とともに成長していくことを目的としています。
子どもたちには練習同様、あいさつや仲間を思いやる気持ちを大切に活動してもらっています。
ジュニアアカデミーは少し専門的となり大会などに向けて目標を高く持ち、努力していくことの
大切さを学びながら日々がんばっています。誰からも応援される選手=ただ速い選手ではなく、
いろんな面で優しさを持つ強い選手を目指しています。

トライアスロンというと鉄人レースと呼ばれ過酷なイメージがありますが、キッズ、ジュニアの
大会は距離が短く少し運動している子や、少し練習すれば誰でも完走できる達成感溢れるスポーツ
です。自然の中で行う個人スポーツなので、自分との戦いであり弱い自分に負けない心を育てます。
また、チームで練習を行うことで仲間を思いやる気持ちも自然と芽生えてきます。
とにかくみんなトライアスロンが大好き!この気持ちは将来大きな強みとなります。

このスクールから育った選手が大学でも競技を続けています。これまでアジア選手権日本代表選手
や全国大会で優勝した選手、全国高校で優勝した選手など輩出しており全国レベルで活躍していま
す。
コーチ陣はオリンピック元日本代表選手とアジア・世界選手権元日本代表選手であった二名の日本
体育協会公認トライアスロン指導員が担当。子どもたちの成長が私たちの大きな喜びです。

一緒にトライアスロンにチャレンジしてみませんか。


(あるお子さんは)
◎例えば大会の成績ではこのように成長を遂げています
・オールジャパンジュニアトライアスロンin伯耆大会(小学34年は同じ距離)
 【小学3年男子選手 25分07秒 14位 → 小学4年になり20分17秒 優勝】

たった一年で大きく成長してくれました!!

特に入会時に肩甲骨周りが硬かったり、股関節周りが硬かった選手などに大きな成長がみられました。
スイムと一緒に自転車・ランニングをすることにより相乗効果が大いに高まります。



キッズ1

キッズ2

キッズ3

キッズ4

kids

tayama

 

 

 キッズトライアスロンスクール

トライアスロンは誰でもできる健康スポーツです。特に子供達にはトライアスロンを通して

複数のスポーツを楽しく経験することができ心と体が鍛えられます。

水泳・自転車・ランニングだけでなく小学生時代に発達する運動能力を高め運動なども多く

取り入れ、みんなで楽しく行っています。

近年、外で遊ぶことが減った子供たちの体力は確実に落ちています。鳥取県の統計からみても

体前屈、ボール投げ、立ち幅跳びなどが全国的にも劣っています。自然豊かな鳥取県において

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。原因として考えられるのが、車社会なので歩かない、

ゲーム、パソコン等、室内でジッとして遊ぶことが多いなどがあります。健康な子供たちは体を

動かすことが大好きです。運動を経験することで集中力が増し脳の発達も促すことができます。

無限の可能性を秘めている子供たちにオリンピックスポーツ「トライアスロン」を楽しく経験させて

みませんか!?小学生時代にいろいろな運動を経験することで必ず将来に役立つときが

やってきます。また、チームとして活動しているので、仲間を思いやる気持ちやコミニケーション

能力を養うことも期待できます。

【開催日】①毎週火曜日コース(月4回)+土曜日(月1回)の月5回コース

     ②毎週木曜日コース(月4回)+土曜日(月1回)の月5回コース

       ③毎週火曜・木曜(月8回)+土曜(月2回)の月10回コース

【参加対象】小学生1年生~6年生(クロールで25m以上続けて泳げる子)

      トライアスロン、デュアスロン、マラソン大会などに挑戦したい子供さん、

      自転車を安全に乗れるようにしたい子供さん、また、体力をつけたい子供さんなど。

【練習時間】火曜日・木曜日17:10~18:55(動き作りとバイクorランニング+スイム)

          土曜日14:00~15:30(動き作りとバイク+ラン+スイム)

 ※夏場は海で泳いだり、砂浜を走る練習なども行います。またミニキャンプなども行う予定です。                  

 ※土曜は都合により時間を変更する場合があります。

【練習場所】皆生プレイパーク(自転車・ランニング・動き作り)

      鳥取県営米子屋内プール(水泳)米子市皆生温泉3丁目18−3                           

      皆生海岸(スイム・ランニング)など

【練習内容】約50分間(自転車・ランニング・動き作りなど週替わり)
           +
      約50分間(クロールを中心としたスイム練習)

キッズ5

キッズ6

キッズ7

キッズ8

キッズ9

キッズ11

キッズ12

キッズ13

 

 

★ジュニアトライアスロンアカデミー

【結果を出すことよりもプロセスを大切にします】

トライアスロン競技は目標に向かって自分自身にチャレンジすることで心身が鍛えられるスポーツです。
人との競争はもちろんありますが、いかに自分の弱い心に負けずレースを進めていけるかが大切なことと考えています。

また、他のスポーツと比べて故障や怪我の
少ないバランスの良い強い体を作ることができクロストレーニング効果といって
3種目を織り交ぜながら適度に行うことで1種目を多く練習したことと同程度の効果も期待できるスポーツです。

そして何より自分への挑戦の過程で勉強では学ぶことができない人として大切なことを多く学ぶことができ強い精神力を養う
ことができます。それが将来の仕事や人間関係、子育てなど何事にも役立ちます。
この日本トライアスロン発祥の地鳥取県米子市から、全国又は世界レベルで戦える選手を育成することを大きな目標として
このスクールを10年前にスタートしました。                          

スポーツを通してともに学び、一所懸命努力することができるチャレンジ精神をもっている中高生選手を募集しています。

2016年岩手国体からはトライアスロン競技も正式種目となり、ゆくゆくは少年の部(中高生)も併設される予定です。
オリンピック、アジア大会、アジア選手権、ユースオリンピック、日本
ジュニア選手権、全国高校生選手権など中高生である
ジュニア選手の活躍できる大会も大変増えてきました。


このトライアスロンスクールの現役選手・卒業生からJTU強化指定選手数名、全国大会優勝者、世界大会日本代表選手を輩出
しております。

水球・競泳経験のある選手を募集します!   県外選手でも年・月に数回通っていただき所属していただくことも可能です!!

「君も世界を目指してみないか!」~みんなのチャレンジを待っています!~

 

◇問合せ先:NPO法人皆生スポーツアカデミー                               

 メール:tchey-obara☆hotmail.co.jp(★を@に)

  担当 小原 工(おばら たくみ) 電話:090‐9501‐0091

jr

jr1

jr2

jr3

jr4

jr5

jr6

jr7

jr8

jr9

jr10

jr11

jr12

jr13

jr14

jr15

jr16jr17

jr18













 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




チームエフォーツを結成してから9年目のシーズンを無事に終えることができました。チームに所属する選手みんなが持ち味を発揮し活躍してくれました。また、チームOBの2人は日本トップクラスの舞台で大活躍してくれています。これも日頃よりご声援いただいている皆様、ご支援いただいている皆様のお蔭と本当に感謝しております。ありがとうございます。
2018年シーズンもそれぞれの目標に向けて日々努力を積み重ねています。まずは3月31日に宮崎県で開催されるアジア選手権ジュニア日本代表選考会からシーズンがスタートします。
選手たちが世界に羽ばたけるよう一日一日、一回一回、一秒一秒を大切に本気で取り組んでまいります。
これからも何卒ご声援のほど、宜しく御願い申し上げます。
平成30年2月1日
小原 工